シャークから布団クリーナー兼用ハンディCH951JとCH90J登場!違いは?

シャークからまた新しいハンディクリーナーが登場しました。

シャークのハンディクリーナーというと

売れ筋となったEVOPOWERシリーズにバッテリー残量ゲージが搭載されたEVOPOWER W35が先日登場しましたが、今回のCH951は布団クリーナーとしても使え、1回のゴミ集じん量も大きめに設計されるなど設計思想が異なるようです。

詳しいスペックを見てみましょう。

CH951J・CH901J・W35の比較

EVOPOWER W35も含めて比較してみました。

CH951JCH901JW35(WV280J)
運転時間約10分約10分約24分
(バッテリー2個使用時)
充電時間約4時間約6時間約2.5時間
製品サイズ(使用時)153 x 282 x 483mm140 x 230 x 483mm419 x 53 x 61 mm
重量1010g950g620g
カラーグレイシルバーxブラックグレイ・ライトピンク・アクアブルー
付属品・充電ドッグスクラビングブラシ
すき間ツール
ミニモーターヘッド
充電ドッグ(付属品3個収納可)
スクラビングブラシ
すき間ツール
充電ドッグ(付属品2個収納可)
隙間用ノズル
マルチノズル
布団用ノズル
充電ドッグ(Wバッテリー用・ノズル収納ポケット1個付)
2020年4月の価格市場想定価格12100円9900円(税込)24200円(税込)

メーカーサイトを確認しても集じん容量が記載されていないのですが、見た目からしてダストボックスの大きさはW35よりも大きくなっており、ハンディとしては期待できる容量ではないでしょうか。

運転時間は約10分と短め、充電時間はCH951が約4時間、CU901Jが約6時間と長めですが、その分価格も抑えられています。

CH951にはミニモーターヘッドが付属し、ゴミをはたきながら掃除してくれるので布団クリーナーとして使ったり、ソファの掃除に使ったりといったことができそうです。CH901Jには付属しないので布団クリーナーとして使いたいならCH951J一択です。ただし、ミニモーターヘッドの幅はそんなに無いので広範囲を掃除しようとすると大変だと思います。

CH951J・CH901Jのポイント

両者のポイントとしては

  • シャークの中では価格が抑えめ
  • 集じん容量大きめ
  • CH951Jにはミニモーターヘッドが付属する

といったあたりだと思います。

メーカーサイトに集じん容量が記載されていないのが残念ですが、見た目からするとけっこう容量が多そうに見えますのでハンディクリーナーでもある程度吸わせてからゴミ捨てをしたいという人に向いているでしょう。

また、このサイズのハンディクリーナーでミニモーターヘッドが付属するモデルってそんなに無いと思うのでそこに価値を見出せるかが購入のポイントかなと思います。

当サイトでレビューした掃除機一覧を見るにはここをクリック