/*アドセンス確認*/

CASDON ダイソン コードレス トイクリーナーを口コミレビュー!本物との比較も

2020年5月31日

今回はちょっと方向性を変えて・・・ということでCASDONというメーカーから発売されているダイソンそっくりのトイクリーナーをレビューしてみたいと思います。

楽天プレミアムパートナーのキャンペーンでポイントを付与していただいたので、そのポイントを使って入手しました。

さて、このトイクリーナーなんですが、ダイソン公認ということもあって本物そっくり。子供向けなのでサイズは小さいですが、パッと見細かいところまで再現されているように見えます。

パイプはオレンジ色なのでダイソンV8Fluffyを連想させます(このトイクリーナーのヘッドはダイレクトドライブクリーナーヘッドを模したものですが)。

とまあ前置きはこのへんにしておいて実物を見てみましょう。

トイクリーナーを開封

こちらが箱。日本語が書かれたシールが貼られていますが、パッケージは英語。調べてみたらCASDON(キャスドン)はイギリスのメーカーみたいです。

内容物

こちらが内容物。本体、パイプ、ヘッド、すき間ノズルの4点。

動作は単三電池3本

ドライバーでねじを回して蓋を開ける

電源は単三電池3本で裏面のカバーを外して電池を入れるようになっています。

電池カバーに書かれていた内容。このおもちゃ自体はインド製のようです。

本体

本体の左右

本体の左側はダイソンそっくりですが、裏返してみると右側はネジ穴が見えます。やはりこのへんはおもちゃです。

クリアビンの中にはフェイクのゴミが入っていて、トリガーを引くとくるくると回りますが取り出すことはできません。おもちゃなので逆に取り出せないほうがいいんでしょうね。

本家DysonV8

↑こちらは本家ダイソンV8。やっぱりそっくりです。

本家ならフィルターの部分が外れますが、フィルターも外れません。

機能するのはゴミ捨てボタンと電源トリガーのみです。

ヘッド

ヘッド上下

ヘッドはダイレクトドライブクリーナーヘッドを模したデザイン。

ですが裏返してみると吸い込み口は驚くほど小さい!安全のため回転ブラシはデザインだけにしてあるんでしょうね。

一応床の上で動かすと内部でくるくる回転する仕様になっています。

パイプ

パイプはオレンジ色ですが透明なのが本家と違うところ。中にゴミが詰まってもすぐにわかります。

着脱ボタンも本家そっくり!

組み立ててみる

組み立ててみると、おもちゃにしてはフォルムもしっかり再現されてるなーといった感じ。

立てかけたところ

細かいところを言うとヘッドの可動域が違ったり、ネジ穴が目だったりというところもあるんですが。子供はこんなとこまで気にしないよね。

ものすごくアバウトな写真比較ですみません。本家が120㎝ぐらいの高さなのに対してトイクリーナーは75㎝ぐらいです。

パーツの組み合わせも本家同様。ハンディタイプにしたり、パイプの先にすき間ノズルを付けたりと組み合わせ自由。組み替えの自由度が本家同様なところは子供の探求心を刺激しそうです。

開封の様子やら使ってみた様子やら

組み立てて小さな消しゴムを吸わせてみたところ、一瞬吸い込むものの逆流して出てきてしまいました。

ゴミも吸えるとのことでしたがかなり軽いものでないと吸えないようです。

新聞紙を小さく切って吸わせてみたところ、こんどは吸い込むことができました。パイプの部分に残ったりもしましたが、ダストボックスにまで新聞紙が到達しました。実際にゴミを吸わせて遊ぶにはかなり軽いゴミを用意してあげる必要がありそうです。安全のために吸引力はかなり低くしてあるようですが、「もうちょっとあってもいいんじゃ」と思ったり。

動きはなかなか軽快で動かしやすいです。

使用後は内部にゴミが少々残りますが、粉とか吸わせなければ大丈夫でしょう。

ゴミ捨てボタンを押してもなかなか蓋が開かないことがあり、このへんの作りがちょっと雑な感はありますが、他は大きな問題は感じません。

子供の家事意識の芽生えに

お掃除ごっこから家事のお手伝いへのステップアップを意識して作られたおもちゃだそうですが、確かに本物の掃除機に近いおもちゃで遊ぶことで掃除への意識が生まれるかもしれません。

小さいお子さんのいる家庭はおうちに1台、検討してみてはどうでしょうか。

CASDON おもちゃ ダイソン コードレス トイクリーナー 掃除機 687 正規品を楽天市場でチェック

スポンサーリンク

当サイトでレビューした掃除機一覧を見るにはここをクリック