日立ラクかるスティックPV-BL20G登場!PV-BFL1との違いは?

日立の軽量コードレススティッククリーナーのラクかるスティックシリーズから新モデルのPV-BL20Gが登場しました。

当サイトでは前モデルのPV-BFL1をレビューしていますが、どんなところが進化したのか気になります。

主な進化点としては

  • 強化繊維プラスチックを採用するなど本体、パイプ、ヘッドの合計重量が1.3kgと軽量化に成功した
  • ヘッドが「パワフルスマートヘッドlight」になり回転ブラシの自走力が向上した・押すときも引くときもしっかりゴミが取れる
  • 髪の毛などが絡まりにくい「からまんプレス構造」を採用したダストボックスになった

といった点が挙げられます。

表で見る旧モデルとの違い

PV-BL20GPV-BFL1
本体寸法 スティック230×230×1,000mm230×230×1,000mm
本体寸法 ハンディ328×90×182mm328×90×182mm
標準質量1.3kg 本体は0.86kg1.4kg 本体は0.95kg
集じん容量0.15L0.15L
充電時間約3.5時間約3.5時間
連続使用時間強・約8分
標準・約30分(自走コンパクトヘッド未使用時・約45分
強・約8分
標準・約30分(自走コンパクトヘッド未使用時・約45分
付属品ハンディノズル
すき間用吸い口
延長パイプ
スティックスタンド
ACアダプター
お手入れブラシ
(バッテリーは本体内蔵)

軽くなった以外は数値的な変化は見られないようです。充電時間や運転時間は変わりません。

まだ、情報が少なく付属品については詳しいことは分かりませんが、情報を入手次第違いを比較してみたいと思います。

付属品やヘッドが違うPV-BL10Gも登場

また、ヘッドや付属品が異なるPV-BL10Gも登場します。

ヘッドが異なるということでどのぐらい吸引力に差がでるのか気になるところですが、こちらも詳細待ちです。

スポンサードサーチ

個人的所見

個人的な意見としては数値の面で変化が見られないのでマイナーチェンジの域は脱していないだろうというところです。

ヘッドやダストボックスの構造がまだ分からないので断言はできませんが、価格差の大きいうちは旧モデルのPV-BFL1のほうがおすすめです。

スポンサーリンク

当サイトでレビューした掃除機一覧を見るにはここをクリック