iwolyはどこの国のメーカーなのか・製品をダイソンとも比較してみる

主にアマゾンで販売されている掃除機ブランドのiwolyについてちょっと書いてみたいと思います。

iwolyってどこの国のメーカー?中国だよ

アマゾンのiwoly home JPのページによると

販売業者:Shenzhen MKLX youxiangongsi
住所:
Longgangqu Bantianjiedao
Shenzhen
Guangdong
518000
CN
運営責任者名:Sun
店舗名:iwoly home JP

https://www.amazon.co.jp/sp?_encoding=UTF8&asin=B07NQ6QSZV&isAmazonFulfilled=&isCBA=&marketplaceID=A1VC38T7YXB528&orderID=&seller=A2KAX3E7LNZXNJ&tab=home&vasStoreID=

住所は中国広東省深セン市となっています。

例のごとく中国の深センの工場地帯にある会社のようです。他の中国ブランドと同様、工場に依頼して掃除機を製造してもらいブランド名を入れてもらっている感じだと思われます。

メーカーのホームページ等はありませんが、詳細に関してはこちらのamaviser.comさんで詳しく解説されています。

amaviser.comさんのiwoly解説ページはこちら

iwolyの掃除機

iwolyの掃除機についてもチェックしてみましょう。

iwoly V600

形状はダイソンV6やV8に似ていますが有線式のスティック掃除機です。

600Wのハイパワーで15000Paの真空度をウリにしていますが、有線式ならそんなにすごいという数値でも無いと思います。

アマゾンでは時々クーポンが出ていて5000円前後の価格で買えるのがおすすめといえばおすすめです。

安いのでサイクロンの分離性能は高くないでしょう。

トータル重量は2.2kgとなかなか軽いです。またコード長が5mとそこそこ長いです。

ヘッドは回転ブラシが搭載されていますが、かなりコンパクトなのでモーター式では無く、吸い込む力で回転するエアタービン式だと思われます。

価格が安いものに注意

少しだけ価格が安いこちらの商品は一見同じように見えますがヘッドの部分に違いがあります。ヘッドの部分にペダルのようなものが付いているので、おそらくこれを踏むことでヘッドのブラシの出し入れをするのでしょう。

ブラシは回転することの無いシンプルな構造だと思われます。価格差はほとんど無いのでV600を選んだほうが多少マシかもしれません。

iwoly i9

ダイソンV10やV11を意識したようなデザインで、ヘッドのブラシが柔らかいソフトローラークリーナーヘッドみたいなタイプと普通の毛が付いたヘッドを採用したタイプがあります。

↑柔らかいソフトローラーを採用したタイプ

↑よくあるブラシを採用したタイプ。

ソフトローラーのほうはが赤を基調としており、よくあるブラシのほうはオレンジと青色が使われているのでカラーで見分けがつきます。価格はソフトローラーのほうが1000円高くなっています。

基本性能をダイソンと比較してみる

ダイソンV10やV11を意識したデザインなのでV10と比較してみたいと思います。ダイソンV11だと価格も性能も差がありすぎるのでV10との比較です。V10でもたいがい性能差があり過ぎですが。

i9ダイソンV10 Fluffy
吸引力真空度11500Pa真空度不明
吸込仕事率MAX130W
充電時間4時間3.5時間
運転時間通常:40分
強:25分
省電力モード:40分(非回転ヘッド使用時は60分)
通常モード:20分
強モード:5~8分
質量本体:1.13kg本体:1.54kg
延長管やヘッド含む:2.58kg
価格2019年10月下旬時点
通常価格11980円~12980円
クーポン使用8980円~9980円
2019年10月下旬時点
Dyson V10 Fluffy SV12 F
価格COM最安値44680円

ダイソンよりも3万円以上安いわりに運転時間や充電時間で健闘しています。

本体が1.13kgというのは軽量をウリにしているシャープのラクティブエアや日立のラクかるスティックよりも軽く、この機種の大きな特徴となっています。

ただし当然安いには安いなりの理由があって、真空度11500Paというのは特別高い数値ではありません。ダイソンV10の真空度は分かりませんが、ダイソンV10や真空度15000Paの中国製掃除機などを使った感触からすると吸引力はダイソンV10のほうが圧倒的に上です。

サイクロン部に関してもダイソンV10に形こそ似せていますが性能には大きな開きがあると思われます。

ダイソンV10を正面から見たところ

ダイソンV10はダストボックスの中央に吸込み口がありますがiwoly i9は違いますし、サイクロン部にもフィルターがあり、フィルターレスのダイソンV10とは分離性能に大きな違いがあります。

安いには安いなりの理由があるという考えのもと購入を検討しましょう。

スポンサーリンク

当サイトでレビューした掃除機一覧を見るにはここをクリック