ツインバードの掃除機が返礼品!新潟県燕市のふるさと納税

2019年10月11日

余計な機能を省いた低価格帯の家電を市場に投入し、シンプルな家電を求めている人や安い家電を求めている人の味方であるツインバード工業株式会社。

本社が新潟県燕市にあるということで、燕市へのふるさと納税の返礼品としてツインバードの掃除機も用意されています。

今回はふるさと納税でもらえるツインバードの掃除機についてまとめてみました。

TC-5107BR

重さ1.5kgの有線式のスティック型クリーナーです。

もともとの価格が安いので、とりあえず掃除ができればいいという人向けのモデルです。

一応サイクロン式ということになっていますが、サイクロンの分離性能は高くないでしょう。

TC-5107BRをふるなびでチェック

TC-5148G

こちらも有線式のスティック型クリーナーです。

最大の特徴は付属のマイクロファイバーを装着することでゴミを吸い込みながら拭き掃除もできるところです。

拭き掃除をしながらなのでゴミの吸引効率はけっこう落ちると思われますが、目立つゴミを吸い込みつつモップ掛けでザラザラ感を解消したいという人にはいいかもしれません。

製品質量は2.1kg、吸込仕事率は100Wとなっています。

TC-5148Gをふるなびでチェック

スポンサーリンク

TC-5165R

こちらも拭き掃除が同時にできる掃除機ですが、吸込仕事率は40Wと低くなっています。

布団の掃除ができる布団ノズルが付属するのが特徴。

TC-5165Rをふるなびでチェック

HC-EB51GY

有線式のハンディクリーナーですが持ち手の形状が独特の1台です。

無骨なデザインで実用性を重視して作ったということで車好きに好評なんだとか。

フロアブラシ・ ソフトブラシ・ 柔らか伸縮すき間ノズル・延長パイプという4つの付属品は車の中を便利に掃除できるとのこと。

もちろん家の中での掃除にも活躍してくれます。

HC-EB51GYをふるなびでチェック

YC-T212BL

有線のキャニスター型サイクロン掃除機。

運転音を59dBとし低騒音化しているのがポイントです。製品質量は4.6kgで軽くは無いようです。

ダストボックスの容量は1.4Lとサイクロン式のわりに大容量。「トリプルアクセルサイクロン」という3

段階の分離によって価格の割りにサイクロンの分離性能が良好なようです。

YC-T212BLをふるなびでチェック

スポンサーリンク

TC-E262W

紙パック式のコードレスクリーナーです。

本体重量が1.1kgと非常に軽いのが特徴の1台。コードレス掃除機の中では珍しい紙パック式なので紙パック派に嬉しい掃除機です。

軽量なので吸引力は多少犠牲になっていると思われますが、とにかく軽いので取り回し重視の人に。

TC-E262W をふるなびでチェック

TC-5109W

床はスティックで、棚はハンディで階段などはハンディ+床ノズルでと3WAYで使えるコードレス掃除機です。

専用の充電台が付属し、コンパクトにまとめて収納できるのもポイント。

電池はリチウムイオンじゃなくてニッケル水素電池になっています。このへんはコストカットされている感じがします。

TC-5109Wをふるなびでチェック

HC-5237VO

ホースやふとん用ノズルなどで多彩な掃除ができるコードレス掃除機です。

電池は専用ニカド電池パックとの記載があるので、しばらく使用しなかった時は再度充電が必要になったり、継ぎ足し充電をするとメモリー効果を起こしたりとちょっと時代遅れな感もあります。

個人的にはあまりおすすめしない1台です。

HC-5237VOをふるなびでチェック

スポンサーリンク