日立の掃除機が返礼品!日立市のふるさと納税

2019年10月11日

何かと返礼品が話題のふるさと納税ですが、返礼品の中には掃除機もいろいろと存在します。

茨城県日立市は名前からすぐ予測がつくとおり日立の創業の地です。現在でも工場があるようで、日立市では日立製掃除機がふるさと納税の返礼品として用意されています。

今回は日立市へのふるさと納税でもらえる掃除機をまとめてみました。

なお、ふるさと納税サイトは家電の返礼品のラインナップが豊富な「ふるなび」でチェックしています。

PV-BH500G

PV-BH500Gは多彩な付属品で便利に掃除ができるPV-BH900の廉価版にあたります。

廉価版といっても掃除機の基本性能自体は変わらず

運転時間強・約10分 標準・約40分(回転ヘッド未使用時60分)
充電時間3.5時間
標準質量2.0kg(本体1.4kg)

といった点は共通となっています。

何が違うのかと言うと・・・

充電スタンド・ミニパワーヘッド・2WAYすき間ブラシ・ほうきブラシ・スマートホース

といった付属品です。表にまとめておきました。

PV-BH900GPV-BH500G
ミニパワーヘッド
2WAYすき間ブラシ
ハンディブラシ
ほうきブラシ
スマートホース
延長パイプ
タンド式充電台
ACアダプター
お手入れブラシ
ふとん用吸口
すき間用吸口
ハンディブラシ
延長パイプ
ACアダプター
お手入れブラシ

付属品が少ないと多彩な掃除パターンがあるというこのシリーズの良さが多少失われてしまう面もありますが、付属品が少なくても良いという人はPV-BH500Gでも問題ないでしょう。

もっと気になる人は日立の製品仕様のページで詳細を確認してみてください。

PV-BH500Gをふるなびでチェック

PV-BFL1

軽さが話題のコードレス掃除機が日立のPV-BFL1。

本体の質量は何と0.95kgと1kgを切っています。延長管とヘッドを合わせても1.4kgとその軽さは業界トップクラス。同じく軽さが話題になったシャープのラクティブエアシリーズと双璧を成す1台といえるでしょう。

当サイトでもレビューをしましたが軽いことによる取り回しのしやすさは特筆ものです。軽いわりに吸引力もまずまずの結果でした。

軽さ重視という人は是非チェックしておきたいモデルです。

PV-BFL1をふるなびでチェック

スポンサーリンク

CV-KP900G

CV-KP900Gは「かるパック」という軽量の紙パック掃除機のシリーズです。

本体質量は2.3kg(ヘッドや延長管を含めると3.8kg)とキャニスター型の掃除機としてはかなり軽いのが特徴です。

紙パック掃除機派の人で軽さを求めている人には候補となる1台でしょう。

CV-KP900Gをふるなびでチェック

CV-SP300G

日立のキャニスター型サイクロン掃除機の1台がCV-SP300G。上位機種にはCV-SP900Gがあり、違いはフィルターによるクリーン機能と付属品。

CV-SP900GCV-SP300G
搭載フィルタークリーンフィルター
一般フィルター
高集じんフィルター
一般フィルター
クリーンフィルター
一般フィルター
一般フィルター
補集率
(大きさが0.3~10マイクロメートルの排出じんあい量測定)
99.999%99%
付属品ワイドふとんブラシ
ほうきブラシ
クルッと切替えブラシ吸口
お手入れブラシ
クルッと切替えブラシ吸口
お手入れブラシ

このような違いがあります。

排気の性能はCV-SP900Gが上ですが、フィルター部分以外からのわずかな空気の漏れがあるでしょうし、そもそも「ゴミを吸わせる掃除機にそんなに排気のキレイさを求めるべきなのか?」という疑問もあります。

個人的にはまあ補集率99%もあればそんなに気にしなくても良いのではないかと。

CV-SP300Gをふるなびでチェック

RV-EX1

RV-EX1はロボット掃除機ですが、返礼品を探していたら掲載されていたので一応ご紹介しておきます。

「ミニマル」というシリーズ名がつけられているのですが、本体幅25cm・高さ9.2cmとコンパクトなのが特徴です。狭いところや低いところも掃除してくれるので「ロボット掃除機を導入したいけど狭いところが多いからきちんと掃除してくれるか不安」という人はチェックしてみるといいかもしれません。

RV-EX1をふるなびでチェック

スポンサーリンク