日立の新型コードレス掃除機が発表されました。

型番は「PV-BH900G」。日立がこれまで発売してきたパワーブーストサイクロンPV-BFH900や軽量のPV-BFL1とは名前の付け方が違います。

型番としてはPV-BFH900に近い感じですが、何が違うのでしょうか。ちょっとスペックを載せてみます。

PV-BH900GとPV-BFH900を比較


PV-BH900GPV-BFH900
本体寸法 スティック幅255×奥行308×高さ1012mm幅255×奥行308mm×高さ1012mm
本体寸法 ハンディ幅93×奥行337×高さ197mm幅93×奥行337×高さ197mm
標準質量スティック時2kg・ハンディ時1.4kgスティック時2.1kg・ハンディ時1.4kg
集じん容量0.2L0.2L
充電時間約3.5時間約3.5時間
連続使用時間強・10分
標準・40分
標準(回転ブラシ搭載ヘッド非使用時)・60分
※5秒間だけ強力に吸込むターボモードがあり、この機能を使わなかった場合の時間です。
強・8分
標準・40分
標準(回転ブラシ搭載ヘッド非使用時)・60分
付属品ミニパワーヘッド、2WAYすき間ブラシ、ハンディブラシ、ほうきブラシ、スタンド式充電台、ACアダプター、延長パイプ、スマートホース、お手入れブラシミニパワーヘッド、2WAYすき間ブラシ、ハンディブラシ、ほうきブラシ、スタンド式充電台、ACアダプター、延長パイプ、スマートホース、お手入れブラシ

こうしてみるとスティック時の重量はPV-BH900Gが100g軽くなっています。

また、連続使用時間は強モードは8分だったところ10分にパワーアップしました。

付属品は相変わらず多彩で細かな場所や高いところの掃除まで便利に行えそうです。

ターボモードを新搭載!

使用時間で気になるのがターボモードの注意書き。このターボモードですが日立がPV-BH900Gの特徴としてアピールしている要素の1つです。

このターボモードを使用すると5秒間ほど強モードよりもさらに強い力で吸引してくれます。シャープのEC-AR2SX搭載のフルパワーモードみたいな感じだと思われます。

ちなみにモーターはPV-BFH900と同様に「小型ハイパワーファンモーターX4」を採用、サイクロン部分も「パワーブーストサイクロン」とPV-BFH900と同様なのでベースはPV-BFH900であろうと思われます。

「ごみダッシュ」機構でゴミ捨てが簡単に

もう1つのアピール要素として「ごみダッシュ」機構があります。

※動画は2017年モデルのPV-BEH900。旧型のゴミ捨てはこんな感じです。

これまではダストボックスに搭載されたゴミ捨てボタンを押して捨てる必要がありましたが、新たに本体の取っ手部分にゴミ捨てレバーが搭載されたことで簡単にゴミ捨てができるようになりました。

詳細は画像が出ていないのでわかりませんが、このゴミ捨てレバーを使うと本体をゴミ箱の中まで入れやすくなり、ゴミ捨て時に埃などが舞い上がるのを軽減することができるようです。

PV-BH900Gまとめ

というわけで連続使用時間と質量で微妙な変化もありますが、大きな特徴としては

  • ターボモード
  • ごみダッシュ

この2点でしょう。

ターボモードに関しては5秒だけでどこまで力を発揮できるのか、やや疑問なところがあります。ただ、メーカーのニュースリリースによると強モードで取れなかったごみが取れているようです。

ごみダッシュ機構は普段のゴミ捨て時にゴミ箱の上に捨てている人ならば便利そうですが、ごみが舞うのが嫌だからとダストボックスをゴミ袋の中へ入れてからごみ捨てをしている人にとってはそれほどでもないかも。

ターボモードとごみダッシュ、この2点に魅力を感じるならば

PV-BH900Gが良いですが、個人的には価格の落ち着いてきた

PV-BFH900をおすすめしておきます。

もし自分だったら発売から1年前後の期間が経過して価格が落ちてきた場合にPV-BH900Gも検討します。