シャークのEVOPOWERは小型の軽量のハンディクリーナーでそのデザイン性や軽快さがウリでしたが、このEVOPOWERにフローリングを掃除するための延長ノズルが追加されて登場しました。

これまではちょっとした隙間とか机の上とかを掃除するのに便利でしたが、延長ノズルが付いたことでフローリングの掃除も可能に。

もともとがハンディタイプなのでメインの掃除機としてはきついかもしれませんが、床も掃除できるサブ機として活躍してくれそうです。

W20やW30とくらべて性能に違いはあるの

床用ノズルが付属するのは見た目にもわかりますが、その他のスペックはどうなっているのかというと・・・

W20W30EVOPOWER Plus
(W30P)
運転時間約12分約24分(バッテリー2個使用時)約24分
(バッテリー2個使用時)
充電時間約2.5時間約2.5時間約2.5時間
バッテリーと充電ドッグバッテリー1個・充電ドックバッテリー2個・Wバッテリー用充電ドッグバッテリー2個・Wバッテリー用充電ドッグ
製品サイズ419.1 x 53.5 x 60.96 mm419.1 x 53.5 x 60.96 mm419.1 x 53.5 x 60.96 mm
重量620 g620 g620 g
カラーブラックグレイ・シルバー・ライムストーン・ブロンズグレイ

と基本性能は変わらなさそうです。

W30にフローリング用延長ノズルが付属するという認識でよさそうですね。

色はW30は4色から選べるのに対してEVOPOWER Plus(W30P)はグレイだけなのでカラーの選択肢が違うだけです。

ちなみにフローリング用延長ノズル使用時のサイズ(本体含む)は877 x 197 x 61 mm、重量は820gとなっています。ノズルを付けてもかなり軽いですね。

フローリング用延長ノズル単体の発売の予定はある?

となると今EVOPOWERを使っている人は延長用ノズルだけが欲しいと思うでしょうね。そんなわけでSharkでは延長用ノズルの単体販売の予定があるそうですが時期はについては決まっていません。

そんなわけで単体販売希望の方は続報をお待ちください。