ブラーバ380jに付属する固定ゴム。「修理など輸送の際に必要となりますので、取り外したあと保管してください。」と説明書に書かれているのですが、いざ輸送のために付けようと思ったら付け方がよくわからない!

説明書にも付け方は載ってないし・・・

そんなわけで自分なりにやりやすい方法を見つけて固定ゴムを取り付けてみました。

本体と固定ゴム

本体と固定ゴム。この赤色の固定ゴムを取り付けます。

本体は一見ゴムを取り付けられそうなスペースが無いのですが・・・

片側のタイヤ付近を押さえると逆側が持ち上がるようになっています。

持ち上げるとゴムを付けるスペースが!

ここで反対側を手で持ち上げてみると(タイヤを持つと持ち上げやすいのですが負荷が掛かりそうな気がして違う場所を持ってます)・・・ゴムを付けられそうなスペースがありました!

ここにまずは片側だけゴムを付けます。

次にゴムを取り付けた側のタイヤ付近を押すと、逆側が浮き上がります。

そこですかさず取り付けて無い側のゴムを付けます。

無事に取り付け完了しました。

説明書に何も書かれていないのでこれが正しい取り付け方かどうか何とも言いかねますが、固定ゴムを付けるときの参考になれば幸いです。

動画にも撮ってみたのでこちらも参考までに。