コードレス掃除機、特にハンディタイプ、ハンディとスティックの2WAYタイプの場合、フィルターでゴミを濾し取るタイプのものがあります。

また、サイクロン式と名乗っていても結局ほとんどのゴミをフィルターで受け止める掃除機もけっこうあったり。

私はサブ機としてツカモトエイムのハンディクリーナーを使っていますが、これもフィルターでゴミを受け止めるタイプ。

ダストボックスの中にはこんなフィルターがあって、外側のメッシュの部分で大きなゴミを受け止め、内側のフィルターで細かなゴミを受け止めたり空気をきれいにしたりといった構造になっています。

問題はこの外側のフィルター。髪の毛が付いたりほこりが付いたりでゴミ捨てのたびにブラシなどを使って落とすのってかなり面倒なんですよね。

そんな時に思いついたのがティッシュを使ってゴミを受け止める方法。

昔、日立の有線式サイクロン掃除機でティッシュを使うものがあったなあと思い出してティッシュを使ってみることにしました。

ティッシュは良く見ると2枚重ねなので1枚にして使います。

1枚をフィルターにかぶせたら

破れないようにダストボックスにセット。意外と破れないです。

ちょっとわかりにくいですが、フィルターがティッシュで覆われています。

あとはこのまま本体にセットして使うだけです。

どのぐらい効果があるの?

気になる効果のほどですが、フィルターの掃除頻度が大幅に減りました!

使用後のフィルター

ちょっと汚いですが使用後の様子です(髪の毛も付いていたんですが見た目がアレなので取り除きました)。

ほこりをきっちりキャッチしてくれています。

使用後のフィルター ティッシュを取った状態

こちらがティッシュを取った状態。ティッシュをすり抜けた汚れがありますが、そのまま使うよりも格段に汚れが少ないです。

吸引力は落ちないの?

ティッシュを挟んでいるので当然吸引力は落ちていると思います。

ただ、ティッシュの2枚重ねを1枚にしているのと、サブ機として使っているせいか特に問題は感じていません。

ティッシュなんて簡単に試せるので、とりあえずやってみて実用性があるかどうか試してみてはどうでしょうか。

ただし、掃除機が壊れることは無いとは思いますが、ティッシュを使えなんて書いてるメーカーなんて無いと思うので自己責任になることはお忘れなく。