以前手に入れたフーバーの掃除機。

一応簡素ながら壁掛けツールが付いているのですが、賃貸物件なので壁に直接取り付けるわけにもいかず、ラブリコという木材を突っ張るツールを使って壁掛けをしてみることにしました。

ラブリコとはこんなツールです。

2×4材という木材を床から天井の長さより95mm短く切り、取り付けることで天井と床で突っ張ることができます。

今回はこれを2セット使って柱を2本立ててみました。

ここに棚板を渡し、さらにその棚板に壁掛けツール固定用の木材を取り付ける方法で作ってみます。ダイソンだと壁掛けツールが縦長なので柱を1本立てるだけで固定できるんですけどね。

用意したのは

  • ラブリコ2セットと2×4材2本(すでに設置済み)
  • 棚板に使う1×8材
  • 壁掛け用に1×6材
  • 余ってた木材
  • ねじ
  • ダイソーの金折隅金 2枚セット×4

といった感じです。

まずは壁掛けツールを取り付けるために用意した1×6材にツールを固定していきます。


いろいろ取り付け位置を考えましたが柱に寄せて取り付けることにしました。

付属のねじでは長すぎて木材を貫通してしまうので4×16のねじで固定します。


そして棚板用の木材に金折隅金を使って固定。

あとは棚板を2本の柱に固定していきます。ここでも金折隅金を使いました。


こんな感じで固定しました。スペースを有効に使いたいので端っこに寄せています。一応100均の水平器を使って水平を確かめながら取り付けました。

棚板は他の物を収納するように使います。


金具の取り付け具合はこんな感じ。適当です。

あとは掃除機本体と付属品を取り付けて完成です。

置き場所に困っていたのですがこれでやっと収納場所ができました。


ついでにハンディークリーナーを収納する場所も作ります。

余っていた2×4材の切れ端を金折隅金を使って柱に固定。

ねじを取り付けたら充電器をセット。


充電器をセットした状態。


最終的にこんな感じになりました。

コード類はダイソーの配線モールを取り付けてその中を通してみました。あまりキレイになっていませんが・・・

フーバーの掃除機は本体を壁掛けツールにセットしたあと電源コードを自分で挿さないと充電できませんがまあダイソンより安いのでしょうがないですね。

掃除機置き場ができたのでまあまあ満足です。