Dyson V8 Fluffy SV10FFを口コミレビュー SV10FF2・SV10FF3との違いや種類の比較も

2019年10月7日

今回はダイソンV8 Fluffy SV10FFを使う機会を得ましたのでレビューをしてみたいと思います。

SV10FFとSV10FF2との違いについて

ダイソンV8Fluffyには「SV10FF」と「SV10FF2」という型番があります。前者が2016年に登場したモデル、後者が2017年のモデルですが基本性能に違いはありません。

では何が違うのかというと・・・

アップトップアダプターが付きました

主な付属品はSV10FFが

  • ミニモーターヘッド
  • コンビネーションノズル
  • 隙間ノズル

なのに対して

SV12FF2は

  • ミニモーターヘッド
  • コンビネーションノズル
  • 隙間ノズル
  • アップトップアダプター

となっています。

アップトップアダプターって何だろう?という人もいるかもしれません。

動画を撮っている方がいらっしゃったので貼っておきます。

このように高いところを掃除する時に便利なツールです。延長パイプと組み合わせて使うことがほとんどでしょう。場所に応じて角度を変えて使うこともできます。

SV10 FF3は何が違うの?

2018年にSV10FF3という語尾に「3」が付いたモデルも登場しました。付属品をチェックしてみると・・・

ミニソフトブラシが付いています。そしてアップトップアダプターはありません。

同じダイソンV8なので基本性能は変わりないと思われます。

これがミニソフトブラシです。ダイソンV10に付属していたものですがV10とV8の付属品は互換性があり、接続ができるのでほぼ変わりないでしょう。

テレビ画面やパソコン画面などデリケートな場所の掃除に使えるソフトなブラシです。

アップトップアダプターとどちらが欲しいかで購入するものを変えることになりますね。両方付けてくれればよかったんですけど

スポンサードサーチ

ダイソンV8 シリーズの種類一覧

ダイソンV8シリーズといってもいろんな種類があるのでここでまとめておきたいと思います。

SV10FF2のように型番の最後に「2」が入るものと「3」が入るものを掲載しています。それ以前のSV10FFなどは価格差があまり無くなってきているので省いています。

付属品 ヘッド
Dyson V8 fluffy SV10FF2

ミニモーターヘッド・コンビネーションノズル・隙間ノズル・アップトップアダプター ソフトローラークリーナーヘッド
Dyson V8 fluffy+SV10FFCOM2

 

ミニモーターヘッド・コンビネーションノズル・隙間ノズル・アップトップアダプター・フトンツール・ハードブラシ・延長ホース  ソフトローラクリーナーヘッド
Dyson V8 animalpro SV10ANCOM2

 

ミニモーターヘッド・コンビネーションノズル・隙間ノズル・アップトップアダプター・フトンツール・ハードブラシ・延長ホース  ダイレクトドライブクリーナーヘッド
Dyson V8 Absolute+ SV10ABL2

 

ミニモーターヘッド・コンビネーションノズル・隙間ノズル・アップトップアダプター・フトンツール・ハードブラシ・延長ホース  ソフトローラークリーナーヘッド・ダイレクトドライブクリーナーヘッド
Dyson V8 Fluffy SV10 FF3

 

ミニモーターヘッド・コンビネーションノズル・隙間ノズル・ミニソフトブラシ ソフトローラークリーナーヘッド・ダイレクトドライブクリーナーヘッド
Dyson V8 Absolute+ SV10ABLEXT3

 

ミニモーターヘッド・コンビネーションノズル・隙間ノズル・アップトップアダプター・フトンツール・延長ホース・ミニソフトブラシ・フレキシブル隙間ノズル・ツールバッグ ソフトローラークリーナーヘッド・ダイレクトドライブクリーナーヘッド

ダイソン直販モデルとして2017年11月にDyson V8 Absolute+も登場しています。

くねくね曲がるフレキシブル隙間ノズルと付属品を収納するツールバッグが付属するのが特徴です。

バッテリーと稼動時間について

バッテリーの充電時間は5時間とV6の3.5時間とくらべて1.5時間長くなりました。

その分稼働時間は

  • 通常30分
  • MAX7分

となりました。

パーツによっても違いますのでDyson V8 Absolute+ SV10ABL2の説明書をもとに稼働時間をまとめてみました。

使用パーツ 通常モード MAXモード
ソフトローラクリーナーヘッド・ミニモーターヘッド 30分 7分
ダイレクトドライブクリーナーヘッド 25分 7分
モーター非搭載パーツ 40分 7分

ダイレクトドライブクリーナーヘッドはパワーはありますが稼働時間は短くなっています。

Dyson V8 Fluffy SV10FF本体と付属品一覧

スポンサードサーチ

前置きが長くなってしまってすみません。

それではレビューです。写真のものが入っているもの全て。
本体・壁掛けツールと説明書・コンビネーションノズル・隙間ノズル・ミニモーターヘッド・充電アダプター・延長パイプ・ソフトローラクリーナーヘッド・説明書が入っています。

本体

本体の左右と上下です。

見た目はV6シリーズを踏襲したような形になっています。

V6シリーズのレビュー記事はこちら

モードは2つのモードがあり、本体上部のスイッチで通常モードとMAXモードを切替えます。

フィルターも2箇所。

サイクロン部の中央にあるプレモーターフィルターとポストモーターフィルターです。

こちらがポストモーターフィルターと本体。

こちらがプレモーターフィルターと本体。

どちらも水洗いが可能ですが24時間以上乾燥させてから使わなければなりません。嫌なニオイの原因なります。

ゴミ捨ての方法

ゴミ捨ては本体上部の赤いレバーを上に引っ張ることで行います。

上に引っ張るとサイクロン部が上にスライド・そこからさらに引っ張るとクリアビンのフタが開いてゴミが下に落ちます。

V8ではV6には無かったゴミ捨てシステムがあります。クリアビンの赤い部分にゴムのスクレイパーが取り付けられていますが、ゴミ捨て時これがスライドすることでシュラウド(銀のメッシュ部分)に付いたホコリなどを落としてくれます。

これはお手入れの手間が減りそうです。

サイクロン部とクリアビンを分離するにはここからさらに、内部の赤いボタンを押しながら(写真参照)両者を離します。

こんなふうに分離ができました。

分離したクリアビン(本体はつながっています)とサイクロン部。

クリアビンの黒色のゴムパッキン部分はゴミが溜まりやすいので定期的なお手入れが必要です。

スポンサードサーチ

ソフトローラークリーナーヘッド

やわらかいフェルトでできているので床を傷つける心配は圧倒的に少ないです。

前方の開口部は広く大きめのゴミも吸い込んでくれます。

回転ブラシは大小2つとも取り外してお手入れができます。

ブラシの毛は短いので毛足の長いラグなどからしっかりゴミを掻き出したいならダイレクトドライブクリーナーヘッドを採用したモデルのほうがいいかもしれません。

狭い範囲ならミニモーターヘッドでなんとか。

付属品など

付け替え可能なツールは3点。

コンビネーションノズルはブラシの部分を出したり引っ込めたりができます。ミニモーターヘッドはしっかりとゴミを掻き出したいときに。こちらもブラシを取り出してお手入れができます。

あとはいたって普通の隙間ノズルが付属します。

これらの付属品についてはダイソンV8とV10で互換性があるので使いまわすことができます。というか作りは一緒です。

ダイソンV10のレビューでも付属品のレビューをしているので参考にどうぞ。

スポンサードサーチ

壁掛けツール

壁掛けのブラケットはこちらです。本体は手前に引っ張ってから下に引っ張ると取り外せるようになっています。

充電中は本体に搭載されたLEDライトが光ります。充電が完了するとLEDライトが消えます。

使用中も3段階でバッテリーの残量を教えてくれるので残量を確認しながら掃除ができます。

充電アダプターのプラグは上側。

裏の配線は写真右側のようになっています。

本体や各パーツの重さ

重量も測ってみました。

本体は1575g。パイプは291g。

ミニモーターヘッド300g・コンビネーションノズル72g・ソフトローラークリーナーヘッド766g。

隙間ノズルが49gでした。

本体・パイプ・ソフトローラークリーナーヘッドで合計2.6kgちょっと。V6シリーズよりも300g弱ほど重くなっています。

単純に取り回しのしやすさだけでいうとV6のほうがやや良いといった感じでしょうか。

実際にいろいろ吸わせてみる


(↑いろいろと掃除機の動画をアップしているので登録お願いします!)

いろんな場所で重曹を吸わせて吸引力を確かめてみました。

フローリングや畳などは標準モードで十分吸い取ってくれますので標準モードが基本となります。吸引力はやはりコードレスの中ではかなりあると思います。

毛足の長いマットなどは表面のゴミは吸い取ってくれますが、奥に入ったゴミまでしっかりと掻き出したいという場合はやはりダイレクトドライブクリーナーヘッドを使ったほうがよさそうです。

騒音値に関しても騒音計で測ってみました。標準モードで80dBオーバー、MAXモードで90dBオーバーでした。ただ、数値以外にも音の種類によって感じ方も変わってくるのでその点も確認してもらえればと思います。

スポンサードサーチ

お手入れについて

お手入れに関してはスクレイパーによってメッシュ部分についたゴミが落とされますので、このあたりは汚れにくくなっていると思います。

他のダイソンをレビューした時にも触れていますがやはり問題はゴムパッキン。ここにはゴミがけっこう付着すると思います。

ふるさと納税でダイソンV8が2000円?


タイトルを見て「そんなわけねーだろ!」と思った人もいるかもしれませんが、きちんと条件を満たせば実質2000円の負担でふるさと納税の返礼品としてダイソンV8をもらうことができます。

大阪府熊取町の返礼品「ダイソン Dyson V8 Fluffy SV10 FF3」のページはこちら

大阪府熊取町のふるさと納税でダイソンをもらおうとすると28万円。一見するとお得そうには見えないのですがワンストップ特例制度という制度を利用したり確定申告をしたりすることで税金が控除されるので収入の高い人なら実質2000円の負担で返礼品をもらうことができます。

控除の上限額があるので確認は必要ですが(28万だと相当収入が高くないとだめかも・・・)、ふるさと納税サイトで控除の上限額をシミュレートすれば大丈夫です。また、ふるさと納税サイトではふるさと納税の仕組みや控除を受ける方法について解説されているので「ほんとにそんな制度あるの?」と思ったひとは確かめてみると良いと思います!

ふるさと納税サイト「ふるなびの」ふるさと納税解説・控除上限額シミュレーションページはこちら

また、「そんなに収入が高くないから納税額が28万円もするダイソンV8は無理だな」という人も掃除機にこだわらなければ数千円からのふるさと納税もあるので気になったらチェックしてみてください。


↑ふるさと納税サイトふるなびはこちら↑

スポンサーリンク

当サイトでレビューした掃除機一覧を見るにはここをクリック