Dyson V8 Fluffy SV10FF2の口コミ 少々重かったり取り回しには不満だが吸引力の強さはおすすめ!

2018年4月11日

コードレスながら強力な吸引力を持ち、バッテリーも最長で40分(モーター駆動のヘッドを使うと30分)持つという点やソフトローラークリーナーヘッドで従来よりも少し大きいゴミも吸うことが出来るようになったのが特徴のダイソンV8。

ダイソンということもあってかなりの人気になっています。当サイトにもなんどか感想をいただいているのですが、今回もまた口コミをいただきましたのでご紹介します。

掃除の時間が半分!最強の吸引力

「購入のきっかけ」

今まで、5年物のコードありの掃除機を使っていました。
私の家は4人家族の一軒家で9部屋あるので掃除機かけるのにもコードをいちいち差し替えたり、重い掃除機をもって階段を上り下りするのは一苦労でした。
一回掃除しただけでは髪の毛やほこりが取り切れず、いつも最低2回は掃除機をかけていました。
いい加減、時間がかかりすぎると思い、吸引力がすごいと噂のダイソンを買うことにしました。店頭で試しに使ってみたところ、信じられないくらいゴミも一発キャッチしていたのでお値段は張りますが、購入することにしました。

「良かったところ」

1実際に家で使ってみると、飼っている猫の毛もスイスイとるし、カーペットに絡みついた毛も難なく吸い取ってくれます。
試しに、一度昔の掃除機でそうじした後、ダイソンの掃除機を使ってみたのですが、同じくらいゴミが取れて驚愕しました。
これなら、一回で済みそうです。

2前までフィルターにほこりが溜まったり、髪の毛が張り付いていたりしたのですが、中のブラシのようなものが作用しているのかわかりませんが、フィルターはきれいなままです。

3 想像したより音がうるさくないです。強にするとかなり煩いので、夜は避けた方がいいと思いますが、吸引力がすごいので強にする機会があまりありません。吸引力がすごい割には音は静かだと思いました。ただ、昔の掃除機の音と比べて若干音が高くキーンという感じに聞こえるのでずっと聞いていると疲れますし、飼い猫もびっくりして隠れてしまいます。

4フトンツールが最高の使い心地です。ずっと布団に掃除機をかけるというのにあこがれていたので付属のヘッドを使ってみました。うちは猫と一緒に寝ているので、布団も猫の毛だらけで心配でしたが、すっかりきれいになりました。そして今までこんなほこりまみれの布団で寝ていたのかとショックを受けますた。もっと生地を吸い込んで使いにくいかと思いましたが、押し付けて使えば、やり易かったです。

「残念だったところ」

1購入したときはそんなに持ち上げなかったので気づきませんでしたが、若干重いような気がします。もちろん私が前に使っていたのよりは軽いですが、片手でらくらく棚の上もできるかというと、女性には厳しいかなと思います。

2また、ダイソンの掃除機はヘッド部分の回転がしにくいです。家の角を掃除したいときにヘッド部分を左右に動かすと思うのですが、それがなかなかやりにくいんです。すこし本体を上げて回さないとできません。これはダイソンの特徴らしいのですが、ダイソン初心者の私には少しストレスです。

3ゴミを捨てるときにゴミが飛び散るときがあります。
フィルター部分をひき上げると同時にその下の部分を引き下げるとゴミがでてくるのですが、そこがなかなか硬くて投げにくいです。力を込めて開けようとすると勢い余ってゴミが飛び散るので、毎回大きめの袋を用意しています。ワンタッチで捨てられるようになればいいと思います。

 

ダイソンダイスキ

吸引力はさすが・取り回しの面では国内メーカーに負けるか

吸引力はさすがダイソンといったところですね。コードレスでなおかつ高い吸引力が欲しいという人はダイソンはチェックしておきたいですね。布団の掃除に関しては「フトンツールを使って掃除をすると謎の白い粉がいっぱい取れた」という声をよく聞きます。

バッテリーの稼働時間が長いのも魅力です。

取り回しに関しては細かいところまで考えられた日本メーカーの掃除機とくらべると使い勝手は悪いかもしれませんね。吸引力と使いやすさのバランスをどう考えるかで選択が変わってきそうです。

ゴミ捨てに関してはサイクロン式である以上ゴミが舞ってしまうのはある程度仕方のないところでしょうか。袋の中で捨てたり、外でお手入れをしたりといった方法でゴミを捨てることになるのは覚悟しておきましょう。

スポンサーリンク

当サイトでレビューした掃除機一覧を見るにはここをクリック