/*アドセンス確認*/

サイクロン掃除機派の意見その1紙パックが無いからいい!

2020年6月1日

当サイトでは掃除機を使っている方々からのご意見を募集していますが、サイクロン派の方々にそのご意見をいただきましたのでご紹介していきたいと思います。紙パックが無いから良いという意見をまとめてあります。

紙パックにお金をかけたくないのでサイクロン

掃除機は断然サイクロン派です。
現在は東芝のものを愛用しています。
吸引力は抜群で5年使っていますが、今でも現役です!
吸引力のせいか、音は少し大きいですね・・・
初期投資は高かったですが、すでにモトトレしています。

紙パックの物も使っていたことはあるのですが、
やはり紙パック自体が消耗品になるので経費はかさむと思ってしまいます。
それに、無くなって買いにいくのも少し面倒です。

それに比べサイクロン式は、ボタン一つで開けられて中のゴミをポイと捨てられます。
手も汚れませんし、とても簡単です。
ただゴミを捨てる時に少しだけゴミが舞ってしまうのがデメリットかなと思います。
これは紙パックにはないですね。

次に買う事があっても、間違いなく便利で簡単なサイクロン式を買います!

北海道 なん

管理人のひとこと

ランニングコストを重視する人にとっては紙パックを買わなくて済むサイクロン掃除機は、お手入れの手間を考慮しても魅力に映るのでしょうね。逆にフィルターのお手入れをするぐらいなら紙パック掃除機を選ぶといった人もいますので、好みもありますが。

サイクロン式を選ぶ際はサイクロン部がフィルターレスのモデルを選ぶなど、お手入れが少なくて済む掃除機を選びたいところです。フィルターを掃除するためにべつの掃除機を使っている・・・なんて人もいますからね。

サイクロン掃除機と紙パック掃除機の排気は・・・?

掃除機は断然サイクロン掃除機派です。結婚する前は、実家で紙パック掃除機を使用していたのですが、結婚してからはダイソンの『DC61 MH』のサイクロン掃除機を購入しました。
紙パックはどれくらいゴミを吸ったのか、見た目ではわからない点と、排気口から出る汚れた空気がとても気になっていました。
せっかく掃除機で吸ってホコリを綺麗にしても、紙パック掃除機だと排気口から出る汚れた空気で台無しにしてしまっている気がしていたのです。
サイクロン掃除機だと、吸ったホコリやゴミが見た目でわかりますし、ゴミ捨ても簡単です。
それに何より、排気口から汚れた空気が出ない事と、吸引力が何年経っても変わらない点が大変気に入っています。

滋賀県 ぴよりん

管理人のひとこと

一概にサイクロン式だからといって排気がきれいというわけではないと思うのですが(使用している排気部分のフィルターや筐体の継ぎ目から空気が漏れているかなどによる)、安物の紙パック掃除機と比較した場合はきれいなのかもしれません。安物の紙パック掃除機に安物の紙パックを組み合わせたら隙間からかなりの量の汚れた空気が漏れていそうです。

日立のかるパックの上位機種なんかは紙パックでも排気がきれいな部類に入ると思うのですが・・・

排気のきれいさは紙パック、サイクロン式の違いでは無くメーカーの力の入れ具合によって変わってくると思います。

サイクロンはフィルターの掃除がたいへんだが紙パックの在庫を気にしなくていい

 

 

今春サイクロン掃除機に買い換えました。シャープのEC-CT12です。

紙パックのときは切らさないように買い物のときに気にかけないといけなかったのを今は気にしなくていいのが楽です。

面倒だと言えば面倒なのは、ゴミ捨てです。

髪の毛や細かいゴミのからまったものはポンと捨てられますが、もっと細かい粉みたいな物(これがチリも積もれば山となるのチリでしょうか)は真ん中の所にくっついたままなので附属のブラシで落とす必要があります。

ゴミ箱の上でブラシを使ってもゴミ箱の周りにも飛び散るので2度目からは古新聞を広げてその上ですることにしました。静電気でくっついているのかもしれませんが、100%きれいに落とそうとするとなかなか大変です。

だんだん、少しくらい捨て残りが有っても気にしないようになりました。ただし、捨て残り部分も少しずつ成長中です。

大阪府 虫嫌い

管理人のひとこと

シャープのサイクロン掃除機を購入された虫嫌いさんからご意見をいただきました。

サイクロン派ということですがフィルターのお掃除にかなり苦労をされている様子がうかがえます。自分が買った物はよい物だと思いたい心理が働くものですが・・・うーんこれはどうでしょうか・・・

紙パックはコストと廃盤の心配がある・・・?

紙パック式も捨てがたいところはあるのですが、やはり普通のサイクロン掃除機です。日立のものをずっと愛用しています。
ゴミ捨ての際に散る埃はなんだか体に悪そうですし、パックになっていると助かりますが、やはりパックのコストがかかるというのが難点だと思います。それにそれが廃盤になってしまったりしたら買うのが面倒だななどと考えてしまいます。セットも面倒そうです。

その点サイクロン掃除機は、ごみが収納されるところにティッシュなどを入れておくと、捨てるときにわりとまとまってくれて蛇腹のフィルターも汚れにくく、良いです。手軽さがいいと思います。

今後もし掃除機を買い替えるとしても、紙パック式は選ばないでしょうね。ずっとサイクロンを選ぶと思います。

東京都 紫陽花

管理人のひとこと

サイクロン派の人はその理由として紙パックのコストや取替えの手間を挙げる人がけっこういますね。

サイクロン掃除機のフィルターのお手入れとゴミ捨ての際に舞うほこりと紙パック式のランニングコストと取替えの手間を比較してもサイクロン掃除機がいいという結論に至る人がいると。そういうことでしょうか。

紙パックの廃盤に関してはメジャーメーカーならそういう心配も少なそうですが、ジェネリック家電を買うと心配は心配ですね。

私は大手メーカーの製品ですが、スティックタイプの紙パック掃除機を使っていて、近所のお店では紙パックがなかなか見つからず困った覚えがあります。

キャニスター式なら最悪、各社共通タイプの紙パックがあるので(純正品ではありませんので性能は保証できませんが)使うことができるとは思います。

紙パックを買い替えるコストがどうしても気になる

サイクロン掃除機派です。

出来れば「ダイソン」を普段使用出来ればいいなとは思うんですが、高価なのでなかなか手が出せていません。
今は東芝のサイクロンを使用していますが、よく吸います。

紙パック式掃除機は「維持費」がかかることが1番のネックだと思っています。
紙パックを何度も何度も利用できるならいいんですが、買い替えていかなければいけないことを考えると、いくら紙パックが安いといっても、どうも損をしている気がしてしまうからです。

サイクロンはゴミが溜まったら捨てればいいだけですし、維持費はかかりません。
フィルターも汚れてきますが、定期的に掃除してやれば済む話なので、紙パックを買い続けるという行為よりは自分で納得できる労力なのです。

東京都 H

管理人のひとこと

サイクロンはお手入れが面倒だから紙パック派という人がいますが、お手入れと紙パックの購入を考えたときにサイクロン掃除機を取る人もいるようですね。

お手入れの面でのサイクロン掃除機のメリットとしては「紙パックが切れて掃除ができない」という事態が発生する心配が無いといった点でしょうか。

紙パックを買ってコストをかけるのと、サイクロン部を掃除して時間をかけるのと、どっちを取るのかということになるのでしょう。Hさんはフィルターの掃除をするほうを選んだようです。

紙パックを買いにいく手間を考えたらサイクロン

以前は、紙パック掃除機を使用していた。
両方使ってみて、サイクロン掃除機では、2点の利点があると感じている。

1点目は、吸引力。
紙パック掃除機は、内部に格納されていて、ゴミの量(主に綿ほこり)を紙パックを交換するときにしか確認出来なかったんで、こんなもんだろう。。。と思っていた。
サイクロン掃除機に切り替えて、ゴミの吸引量が、透明の装置で、掃除している最中にゴミの量を確認でき、紙パック掃除機に比べ、格段と多くなっているのがわかった。吸引力が全く違い、きれいになっている成果を実感できる。

2点目は、紙パックの交換費がかからない。
サイクロン型では、定期的に、水洗いで、目詰まりの対処をする必要がある。多少、面倒な部分もあるが、ゴミのために紙パック代を払うこと、買いに行く手間を考えれば、致し方ないといえる。

神奈川県 掃除機のそうじ

管理人のひとこと

サイクロン掃除機だからといって必ずしも吸引力が強いということは無いのでしょうが、こまめにゴミを捨てられるサイクロンのほうが吸引力を維持しやすいというのはあるのかも・・・

2点目に関してはサイクロン部の掃除の手間を取るか、紙パックを買う時間とコストを取るのか・・・それぞれの生活環境によるかもしれませんね。

紙パック掃除機はずっとパックを換えないと悪臭や虫が発生する元に?

職場の掃除機は紙パックを使用しているのですが、以前、掃除当番の際に紙パックがいっぱいになり交換しようとフタを開けてみたところ、ダニの様な小さな白い虫がたくさんわいていました。

その光景に衝撃を受けて、すぐに自宅の紙パックタイプの掃除機をサイクロンタイプのものに買い換えました。幸い自宅の紙パックには虫はわいていませんでしたが、パックがいっぱいになるまで吸ったものがそのままになっているのは、なんとなく嫌になりました。

サイクロンにしてからは、掃除をするたびにゴミの溜まる場所ごと洗って、いつも清潔な状態を保てています。

それに私はとても忘れっぽいので、紙パックの代えを買い忘れてしまうことも多かったので、サイクロンにしてよかったと思っています。

長野県 にここ

管理人のひとこと

紙パック掃除機は吸い込むものによっては時間が経つと悪臭の原因となったりしますよね。

かといってサイクロン掃除機はダストボックスを水洗いするという手間も出てきますが・・・

長期間掃除機を使わない時間があるという人は紙パックを外しておくか、集めたごみの見えるサイクロン掃除機を使う・・・といったことになるのかもしれません。

お掃除の手間などに目がいってしまいがちですが、吸い込むものやゴミ捨ての間隔を考えてどちらのタイプの掃除機にするか決めるのもひとつの方法かもしれませんね。

紙パック式掃除機は紙パックの入手性に問題あり?

 

 

以前は紙パック式を使っていました。長く使っていると紙パックを探すのが大変になるんです。店頭では購入できなくなり、通販で探すことになります。
今は「TWINBIRD サイクロンスティック型クリーナー」2台目です。価格も安くて吸引力もいいです。独立して立つので場所もとりません。余計な機能がついてないのでシンプルです。
サイクロンの掃除機はフィルターについたほこりを取るのが面倒なことです。それこそ掃除機でほこりを吸いたいところです。
フィルターについたほこり以外のゴミは本体から外して、フタを開いて捨てるだけです。透明なのでゴミがたまるのが目に見えて分かるし、掃除をするとこんなにとれた、部屋がきれいになったという満足感があります。

千葉県 掃除ずき

管理人のひとこと

紙パック掃除機は使っているうちに対応した紙パックが無くなってくるということですが、マイナーメーカーだとそうなのかもしれませんね。国内有名メーカーならばかなり過去の物まで手に入るイメージですが。

スティックタイプの紙パック掃除機だと近所の電気屋さんで売ってないということはあるかもしれません。

ダストボックスが透明でゴミが見えるので満足感があるという感想は多くの方が持っていますね。目に見えてごみが取れていくのがわかるので掃除が楽しくなります。

フィルターに関しては掃除の手間がかかると多くの人が言っています。中には本当に別の掃除機を使ってフィルターを掃除している人もいるようです。

紙パック式掃除機は隙間からのゴミとパックのストックが問題?

サイクロン掃除機派です。使っているのはダイソンのアレルギー用のものです。

以前は紙パックの掃除機を使っていましたが、紙パックの交換とストックが私には面倒で気に入りませんでした。確かに、ゴミをまとめてそのまま捨てられるのは楽だとは思います。ただ、実際のところ、小さな隙間からホコリが出て来ていて、掃除機の中が微妙に汚れていたりするのが好きではありませんでした。

その点、サイクロン型であれば、ゴミを捨てる際に容器ごと洗う事ができて、とても小さなホコリも全て奇麗にする事ができます。また、どれくらい既にゴミが溜まっていて捨てなければならない時期かどうかと言う事もサイクロン型であれば(少なくとも私の使っているダイソンは)外から見れば一目瞭然です。

パック型も目盛りなどがありゴミの量がわかるようになっているのですが、やはり実際に目で見るのと目盛りだけで判断するのとでは気持ち的に違います。
そう言った訳で、掃除機からのゴミ捨てと言う部分で私はサイクロン型を選んでいます。

東京都 家事キライ!

管理人のひとこと

紙パック掃除機は本体や紙パックが安物だと本体とパックのつなぎ目から細かなゴミが漏れて本体が汚れてしまうといった点が気になりますね。ミドルクラス以上の商品ときちんとした純正品のパックを使えばそうでもないのでしょうが。

紙パックをストックしておかないといけない点と紙パックが切れると使用できないという点もマイナスでしょうか。

こうした点とサイクロン掃除機のお手入れをの手間をくらべてどちらを取るかといったことが焦点になってきそうです。

ダイソンを使ってみたらサイクロン派に

ダイソンのDC35マルチフロアを使用しています。それまでは東芝の紙パック式を長年使ってきましたが、やはり紙パックが消耗品でかなり頻繁に購入しなければならなかったので掃除機本体は安め設定でも紙パック代に費やした金額は相当だったと思います。

それに引き換えダイソンのサイクロン式は、ゴミがたまるごとにゴミ箱の上でパカっと開いて捨てるだけという手軽さで、わずらわしい紙パック交換も必要ないですし、ゴミのビンは取り外して洗えるので、いつも清潔に保つ事が出来るのも大変気に入っています。
一度このサイクロン式を使用してしまうと二度と紙パック式の掃除機には戻れませんね。サイクロン掃除機は本体はかなり高価な印象ですが、紙パック代がゼロである事を考えるとトータルでは、こちらの方が絶対にお得だと思います。という事で、私は絶対にサイクロン派です。

神奈川県 ととろん

管理人のひとこと

神奈川県のととろんさんからサイクロン派のご意見をいただきました。

サイクロン掃除機の魅力といえば紙パックのコストがかからないことですよね。ずっと使い続ける物だけにランニングコストがかからないのはありがたいことです。ダイソンの掃除機はこの他にも吸引力が高いと評判ですね。

ただゴミ箱の上でパカッとやってしまうと細かいゴミが舞い上がらないのか気になります。私が、聞いた話ではゴミが舞い上がるのでゴミ袋の中でダストボックスを開けたり、屋外で捨てたりしているということでしたから。

ダイソンのDC44ならじゅうたんのゴミもOK?

ダイソンのDC44というモデルを使っています。初めてサイクロンの掃除機を買いましたが、なかなか良いです。
充電式のハンディタイプですが、一人暮らしの部屋には十分です。

じゅうたんの上でもしっかり吸い込んでくれます。ずっと使っていても吸引力は変わらないし、ごみが溜まっているのが見えるので、毎回掃除するたびにごみも捨てています。

ごみを捨てるのも下向きのふたを開ければすぐに捨てられるのも便利です。紙パックがないので、セットする手間も紙パック代もかからないところも良いですね。
これにはアタッチメントもいろいろと付いていて、隙間の掃除や自動車の車内の清掃にも使えます。少々高くて買うときに迷いましたが、買ってよかったと思っています。

栃木県 まいきー7

管理人のひとこと

やはりサイクロン掃除機といえば紙パックを使わないことでランニングコストがかからない点ですよね。その分、フィルターの手間がかかってしまいますが・・・

また、ダイソンの掃除機は値段が高いので購入をためらってしまいがちですね。(その分サイクロン部の性能は安物とは一味違いますが。)

ただ、ダイソンのハンディタイプは充電式のわりに吸引力が高いと評判なのでサイクロン派になってしまうのも少しわかる気がします。電源の届かないところではその便利さが際立つでしょう。車の中の掃除などかなり便利ですね。

スポンサーリンク

当サイトでレビューした掃除機一覧を見るにはここをクリック