/*アドセンス確認*/

日立 かるパック CV-PE300の口コミ やや重さを感じるが吸引力がある

2018年4月19日

日立のかるパックシリーズCV-PE300は吸引仕事率680Wとハイパワー(吸引仕事率が高いからといって吸引力が高いとは限りませんがある程度の目安になります)なのと機密性を高めたヘッドで強い吸引力を実現しています。

空気を吹きつけることでヘッドのはりつきを抑制する「ジェット吸引機構」も備えていて取りまわしもよさそうですが、使い勝手に関して口コミをいただきました。

ジェットブラシで細かいゴミまで良く吸い取ります

4LDKの三階建て家で家族三人で使っています。
長所は掃除機のヘッドがジェット吸引で床にピッタリと張り付くので絨毯の細かいゴミまで吸い込みます。

吸引力

フローリングはヘッドにブラシが付いているのでゴミ・埃も取りますし掃除後は雑巾で乾拭きしたような仕上がりになります。
床にピッタリと張り付きますが自走式なので重さはあまり感じない点は良いです。
ヘッドの側面からもゴミを吸うので壁側・角のゴミをしっかり掃除できます。これは階段掃除に便利です。

音はそこまで煩くないので深夜でなければ近所迷惑にならずに使えると思います。

紙パックやフィルター

この掃除機に使われている紙パックは捕ジン・消臭機能がついてるので掃除しながら嫌な臭いが舞うことはありません。
交換する際にも掃除機の穴の部分にシールが付いて漏れないようになっているので汚すこともないでしょう。
フィルターは紙パックの性能が良いので汚れることはないですが、水洗いできるので清潔に保てると思います。

延長管やグリップ等取り回し

延長菅の長さを伸ばしたい時もヘッドを足で抑えて、グリップハンドルのレバーを押すだけで簡単に調整できます。
狭い場所にヘッドを入れた時もグリップ部分を傾けるだけで、ヘッドが回るので隅々まで掃除することができます。

運転モードやセンサー

運転モードがECO・強・中・弱と選べるので汚れがひどい場所・よく掃除したい場所は強を選んだり階段などでその都度床と離す必要のある所はECOで掃除すると、自動で運転を切り替えるので電気代の節約になると思います。

センサーもしっかり働いてるので掃除機を掛けて、しっかりゴミを取れていたらサインが変わるのは良いです。

ブラシ・隙間用吸口が付属品でついているので窓のサンなどを掃除する時に使うと便利です。

デメリット

短所は重さがあることです。高齢者は普通に床に置いて使う分には気にならないと思います。
階段掃除などで手にもって掃除機を使う時などは大変だと思います。
延長菅・ヘッドの重さもあるので本体を持ちながらだと苦労すると思います。
高い所を掃除するときは女性も重さが気になるかもしれません。
筋力が弱くなっている人は最上位モデルを選んだ方が良いですね。価格は高くなりますが重量は抑えられています。

ヘッドのブラシが回転するのでゴミを良く吸う点はいいのですが、女性の長い髪・手芸をやってる人は糸が良く絡みます。
絡んでもすぐにブラシの回転が止まるということはないので、定期的に掃除した方が良いと思います。

髪・糸は簡単に取れないのでハサミで切りながらやるとしっかり取れるでしょう。
放置し続けるとブラシの回転が止まり吸い込みが悪くなったり、場合によってはフローリングを傷つけてしまうので要注意です。
フローリングは乾拭きしたような仕上がりになりますが、やっぱり定期的には水拭きをする必要があると思います。

紙パックのコスト

付属の紙パックはGP-130FSでネットで買うと3枚セットで1000円ぐらいなのでランニングコストが少し掛かるのもネックです。
花粉症の時期は良い紙パックを使って、その他の時期はワンランク下の紙パックを使うと節約できるかもしれません。

埼玉県 おそうじくん

更なる軽さを求めるなら上位機種 価格重視ならおすすめ

CV-PE300は本体重量3.7kgですがCV-PE500、CV-PE700といった上位機種は本体2.3kgなのでより軽いモデルを求めるなら上位機種を検討したほうがよさそうですね。

ヘッドやグリップの取り回しや吸引力はかなり高そうですね。少々重くてもいいから吸引力と価格重視という人におすすめです。

HITACHI CV-PE300(R)を楽天市場でチェック

日立 紙パック式クリーナー(自走式パワーブラシ) ルビーレッド【掃除機】HITACHI かるパック CV-PE300-Rをアマゾンでチェック

日立 かるパック CV-PE300をYAHOOでチェック

スポンサーリンク

当サイトでレビューした掃除機一覧を見るにはここをクリック