月曜日, 6月 17, 2019

徹底比較!ダイソンV6・マキタCL107FDSHW・フーバースリムバキューム、コードレスクリーナー3機種

手軽に取り出せて、すぐに使えるコードレスクリーナー。 「子供がすぐに部屋を汚す」「ワンルームだから大きな掃除機じゃなくていい」「サブとしてすぐに使える掃除機が欲しい」そんな人たちに人気ですね。 今回は、新機種が出て旧型になってきたので価格の落ちているダイソンV6 SV07MH(以下ダイソンV6)・非常に人気で売れ筋上位につけているマキタCL107FDSHW(以下マキタ)・低価格で吸引力があると話題のフーバースリムバキュームHSV-200J(以下スリムバキューム)の3機種について様々な面から比較をしてみたいと思います(ダイソンV8はかなり価格差があるので優れていて当たり前ということで比較候補にしませんでした)。 付属品・重さ・取り回し・吸引力・騒音・バッテリー・お手入れの7項目について価格対性能を私が勝手に5点満点で評価します(あくまでも個人的な評価です)。 付属品が少なくて安いダイソンV6 SV07ENTやハンディタイプでヘッドがミニモーターヘッドのDyson V6 Trigger+の購入を検討している人の参考にもなればと思います。 ちなみに3機種については個別にレビューもしていますのでそちらも参考にご覧ください。 ダイソンV6 SV07MHレビューはこちら マキタCL107FDSHWレビューはこちら フーバースリムバキュームHSV-200Jレビューはこちら 価格 まず価格ですがネットでの最安値を見てみると・・・ ダイソンV6 SV07MH 45000円前後 マキタ CL107FDSHW 16000円前後 フーバー スリムバキューム 19800円 SV07ENT 40000円前後 Dyson V6 Trigger+ 22000円前後 といった感じです。 マキタはやはり群を抜いて安いです。スリムバキュームも安いですね。 ダイソンは吸引力が評判ですがやっぱり価格が高い。V6Triggerならかなり低価格で購入できますが、完全にハンディタイプになってしまいますし、ミニモーターヘッドなので広範囲の掃除には向きませんね。 この価格をふまえた上で様々な面から比較していきたいと思います。 付属品等 まずは付属品からです。 ダイソンV6 付属品が多彩です。壁掛け用のブラケット、モーターヘッドとミニモーターヘッドの2種類のヘッド、隙間ノズル、コンビネーションノズルが付属します。 マキタ いたってシンプルな印象。隙間ノズル、紙パック10枚、布製ダストバッグが付いてくるぐらいですが、充電器が付いてきます。ヘッドはブラシの無いタイプ。 スリムバキューム   19800円ながらフトンツール、ブラシツールも付属します。写真を撮り忘れましたが簡易ながらも壁掛けツールも付属して安い割りに充実している印象です。 (スリムバキュームは安いのでそれぞれのパーツの質簡に関してはダイソンが上だと思います。) ヘッドはブラシが付いていて回転します。 得点 ダイソンV6・4点 マキタ・1点 スリムバキューム・5点 ダイソンV6はミニモーターヘッドや壁掛けが付属する上に他の2機種よりもしっかりしている気がしますが、いかんせん価格は4万円以上。これだけするなら付属品もある程度揃っていて欲しいということで4点とします。 マキタは必要最低限といったものですので1点(充電器が付属しますがこちらはバッテリの項目で評価します)。 スリムバキュームは簡単なものながらも、ふとんツールや壁掛けツール、収納袋が付属し、価格も2万円を切るので5点としました。 重さ比較 重さは使いやすさに影響するのでチェックしておきたいですね。メーカーサイトにも記載されていますが、今回は本体、スティック、ヘッドの3つを計測してみました。 多少の誤差はご容赦ください。 ダイソンV6 マキタ スリムバキューム 重さ一覧 ヘッド 本体 スティック 合計 ダイソンV6 526g 1286g 313g 2125g マキタ 138g 1156g 118g(隙間ノズル含) 1412g スリムバキューム 472g 1443g 238g 2153g 画像が見にくい人のために表にしてみました。コレとは別にダイソンのミニモーターヘッドは333gです。 ダイソンV6とスリムバキュームはほとんど変わりませんがマキタが圧倒的に軽いです。700g以上軽いのはびっくり!! 他の2台も決して重いわけではないのですがマキタは持ったときに明らかに軽いと感じます。とにかく軽さ重視というならマキタです。 得点 ダイソンV6・3点 マキタ・5点 スリムバキューム・3点 ごめんなさい。ここだけ価格を考慮せずに評価してます(掃除機の軽い重いは設計コンセプトや他の機能も影響すると思ったので)。 ダイソンV6、スリムバキュームともに悪くないもののマキタが圧倒的に軽いのでマキタ5点、ダイソンV6とスリムバキュームは3点としました。 ヘッドの取り回しやその他使い勝手 実際使ってみる上でヘッドの取り回しも気になる項目です。そこで3機種のヘッドの動きを2つの角度から動画にしてみました。 [youtube https://www.youtube.com/watch?v=M0WajNrXQXQ] ダイソンV6、マキタともにヘッドはよく動きます。ベッドの下などもある程度のスペースがあれば届くでしょうか。スリムバキュームはもう少し動いてくれればなといったところです。 その他使い勝手 マキタはLEDライト搭載で暗いところを照らしてくれます。また、スリムバキュームは電源がトリガー式ですが、電源ロックボタンでトリガーを固定できるので指が疲れません。トリガー式とボタン式の良い所が両立できていると思います。 得点 ダイソンV6・3点 マキタ・5点 スリムバキューム・3点 ダイソンV6、マキタともになかなか稼動してくれます。マキタは価格も安いので5点とします。ダイソンも取り回し良好ですが価格を考慮して3点。スリムバキュームは稼動域がちょっと苦しいですが電源ロックボタンがプラスで3点としました。 吸引力 掃除機を購入する上でやっぱり吸引力が一番気になりますよね。それぞれの機種のレビューでも載せていますが、ジョイントマット、畳マット、カーペットの上で小麦粉を吸わせてみた動画がありますので参考にご覧ください。 ダイソンV6 [youtube https://www.youtube.com/watch?v=2YzuezA5dWc] マキタ [youtube https://www.youtube.com/watch?v=p2aVpTO-xC4] スリムバキューム [youtube https://www.youtube.com/watch?v=uB2_-1dFcgA] ダイソンの吸引力はすごい!スリムバキュームも匹敵する吸引力 使ってみた感じだとダイソンV6の吸引力がやっぱりすごいですね。吸い付く感じでパワーを感じます。スリムバキュームもそれに匹敵する感じです。かなりパワーがあります。 ダイソンとスリムバキュームはモーターで回転するパワーブラシを搭載しているのでカーペットの奥に入り込んだゴミもきっちり掻き出してくれそうです。 マキタはブラシを搭載していない分、カーペットなどは奥に入ったゴミを吸い出すのに苦労するかもしれません。 得点 ...

Recent Posts